ページの先頭です

急性期医療急性期医療

大田区池上総合病院では、地域の中核を担う病院として
急性期医療にも積極的に取り組んでおります。

急性期医療とは、病気の発症から回復期や亜急性期まで移行するまでの期間における医療を指します。

急性期医療は「病気の進行を止める」「病気の回復が見込める目処をつける」までの間提供する医療であり、その期間において患者は生命の危機と隣り合わせということも珍しくはありません。

そのような状況において患者の健康状態を良好にし、急性期の状態から回復期へ向かわせるべく、これからも高度な医療を提供していきたいと考えております。

また、救急車の出動台数は年々増加傾向にあり、そのような社会背景における救急医療機関としての役割を担うべく、救急医療の向上およびその提供に努めております。

詳しくはこちら