ページの先頭です

取り組み取り組み

臨床研究への取り組み

特徴

各施設における腎・透析医療に関する専門性と豊富な経験を強みとして、この領域の疾患(慢性腎不全、保存期腎不全、糖尿病性腎症、腎性骨症、腎性貧血・副甲状腺機能亢進症・高血圧症など)を主体とした臨床研究や治験に積極的に取り組んでいます。

基本方針

  • 開発段階において、効果が期待される薬や医療機器をより早く患者さまの治療に役立てるよう開発元と提携し臨床治験を受託しています。
  • また、既に厚労省で承認され市販されている薬や医療機器についても、その臨床効果を様々な角度から検証するため、臨床研究も実施しています。
  • 臨床研究では「臨床研究に関する倫理指針」また、治験においては「GCP」等の関連法規を厳守し、安全な試験の実施に心掛けています。
  • 複数の大学病院等と連携し、最先端の医学・医療の把握に努めるとともに、薬や医療機器に係わる安全性情報等に関して適切な評価・判断ができるよう努めています。

インフラ整備

  • 新GCPに対応した治験審査委員会(IRB)の設置
  • 厚労省の通知に基づく倫理審査委員会の設置
  • 臨床研究及び治験を実施する際の支援業務(コーディネーター)の配備