ページの先頭です

健康コラム健康コラム

コラム一覧

このページでは、医療・福祉の現場で働くスタッフが、知識や日々の経験を通して感じた事、お伝えしたい事柄などを短編形式でお届けしています。

 

医療福祉相談室だより

 

医療福祉関連の各種制度に関する情報は、右記にてご案内しております。
 

新刊・書籍のご案内

 患者さんと家族のために

  1)慢性腎臓病―病気のサインを知って重症化を防止しようー
     富野康日己、けんぽ2015春季号:15-16 LIXIL健康保険組合

  2)「体内の健康を左右する腎臓病」生活習慣病改善シリーズ
     富野康日己、社会保険出版社

  3)「毎日おいしい高血圧の減塩レシピ」
     富野康日己:【監修】、検見﨑聡美:【料理】、成美堂出版

  4)ネフローゼ症候群の原因となる腎臓病の病態と治療
     富野康日己、Asahi KASEI,6月

  5)腎臓病カンタン療法80   
     富野康日己:【監修】、学研

  6)ウルトラ図解 高血圧・動脈硬化
     富野康日己:【監修】、法研

  7)医師の想い -富さんの診療余話-
     富野康日己:光原社

  8)「定年退職までの道程」
     富野康日己:「臨床と研究」青ページ21-22 92巻11号、2015年11月

  9)「高血圧の人に急増する新国民病慢性腎臓病は、進行度別腎機能強化体操で改善できる!透析も予防!」
     富野康日己:「わかさ 2月号、2016」

 10)「健康アラカルト。健康ライフ 15-16, 2016, January」
     監修:富野康日己

 11)「腎臓病患者さんの身体と生活ー腎臓・透析で困らないケアを目指して」
     監修:富野康日己

 12)「腎臓病の人のためのひと目でよくわかる食品成分表」(Gakken)
     富野康日己監修、松和会グループ栄養士部会協力

 13)「これだけは知っておきたい透析療法」
     編著 富野康日己

 14)「慢性腎臓病の進行度別「生活・運動のポイント」を大公開!重度でもラジオ体操が有効」
     富野康日己:pp36-37、「健康365」H&I、2016年6月号

 15)「クレアチニン値を下げ、透析を防ぐには病院でも行う【腎機能強化体操】が有効」
     富野康日己:pp82-84、「夢21」わかさ出版、2016年8月1日号

 16)「わかさ夢MOOK  腎機能強化大全
     富野康日己:わかさ出版、2016101

 17)「保健辞典 ウルトラ図解「高血圧・動脈硬化」(中国語Ver.)」
     富野康日己(監修):城邦文化事業股份有限公司原水文化出版社、2016年8月9日

  

 医療スタッフのために

  1)南山堂医学大辞典 第20版
     富野康日己(共著):南山堂、東京

  2)慢性腎臓病における左室肥大および腎不全の推移に関連する予測因子の検討
     富野康日己、井尾浩章【監修】:中外製薬、東京

  3)検査で発見・進行させない人工透析の予備軍「慢性腎臓病(CKD)」
     富野康日己、ヘルスアンドライフ第366号:4-9 法研

  4) Yasuhiko Tomino, Tomohito Gohda:  The Prevalence and Management of Diabetic Nephropathy in Asia, Diabetic Nephropathy. Kidney Dis 2015;1:52-60 (DOI: 10.1159/000381757)

  5)NEWエッセンシャル腎臓内科学 第2版
     富野康日己:医歯薬出版、東京

  6) Yasuhiko Tomino : Clinicopathological Findings of IgA nephropathy. Juntendo Medical Journal 2015,61:2-4

  7)腎機能低下患者への薬の使い方。
    皮膚病診療 2015、37:634-640 :富野康日己

  8)症例でわかる実臨床で注意すべき副作用とモニタリング。
    4.腎疾患。調剤と情報。2015,21:38-43 :富野康日己

  9)腎透析予防と治療のための食事。
    アンチエイジング医学の基礎と臨床 第3版。
    MEDICAL VIEW。231-232 :富野康日己

 10) Yasuhiko Tomino: New Biomarkers for diagnosis in patients with chronic kidney disease (CKD). Special Reviews: Farewell Lecture of Retiring Professors. Juntendo Medical Journal. 2015, 61:257-263

 11) Beom Seok Kim, Yasuhiko Tomino, et al. Is the new GFR equation using inulin clearance a more accurate method for Asian patients? Clin Nephrol 2015

 12) 不明熱・消化管外腫瘤で発症した炎症性悪性線維性組織球腫の1血液透析症例。
透析会誌 2015 48:605-610
神田怜生、佐藤大輔、相澤昌史、平井 周、富野康日己、船曳和彦

 13) 自己免疫性尿細管間質性疾患。
別冊 日本臨床 免疫症候群(第2版) 2015 34:426-429 :富野康日己

 14) 「酸化ストレス調整効果 アスタキサンチン」
      特集―慢性腎臓病レシピ食の力への期待
「腎と透析」Vol.79 No.5 743-746、2015年11月 :富野康日己

 15) Io H, Tomino Y, et al.: Impact of anaemia treatment for left ventricular remodeliing prior to initiation of dialysis in chronic kidney disease patients: Efficacy and stability of long acting erythropoietin stimulating agents. Nephrolo 20, Suppl. 4(2015) 7-13

 16) Annual Review 2016, 腎臓。
      編集 富野康日己他、中外医学社

 17) 内科診断学 第3版
      医学書院、2016 : 富野康日己他

 18) Tomino Y, et al. IgA nephropathy. Nature Review 2016; 2: 1-20.

 19) 糖尿病性腎症をどう治療する? わが国と世界における糖尿病性腎症の現状は?
      jmed 42,日本医事新報社, 2016 : 富野康日己

 20) 「腎臓病の人のためのひと目でよくわかる食品成分表」(Gakken)
     監修:富野康日己、松和会グループ栄養士部会協力


 21) Yasuhiko Tomino Editor. Pathogenesis and Treatment in IgA Nephropathy, Springer, 2016.


 22) Takahashi T, Baba K, Ogawa T, Okamoto  Y, Tajima T, Agawa T, Kondo T, Yanai K: Age-specific
    distribution of estimated glomerular filtration rate using Japanese health checkup data. HEP 43: 518-523, 2016


 23) 「栄養士と看護師、薬剤師のための生活習慣病ケースファイル」
    中外医学社、2016年8月5日 : 富野康日己


 24) 「久田温子:常染色体優性遺伝例。難病 遺伝性血管性浮腫HAE.大澤 勲編。」
    医薬ジャーナル社、2016


  25) Yasuhiko Tomino: Diagnosis and treatment of patients with IgA nephropathy, one of major causes of chronic kidney disease (CKD), in Japan. Kidney Research and Clinical Practice 2016 (DOI: 10.1016/j.krcp.2016.09.001)

  26) Shuntaro Maruyama, Tomohito Gohda, Yusuke Suzuki, Hitoshi Suzuki, Yuji Sonoda, Saki Ichikawa, Zi Li, Maki Murakoshi, Satoshi Horikoshi, Yasuhiko Tomino: Beneficial Effects of Tonsillectomy plus Steroid Pulse Therapy on Inflammatory and Tubular Markers in Patients with IgA Nephropathy. Kidney Research and Clinical Practice (2016), DOI: 10.1016/j.krcp.2016.09.002.

  27) Takao Saito, Masayuki Iwano, Koichi Matsumoto, Tetsuya Mitarai, Hitoshi Yokoyama, Noriaki Yorioka, Shinichi Nishi, Ashio Yoshimura, Hiroshi Sato, Satoru Ogahara, Yoshie Sasatomi, Yasufumi Kataoka, Shiro Ueda Akio Koyama,Shoichi Maruyama, Masaomi Nangaku, Enyu Imai, Seiichi Matsuo, Yasuhiko Tomino, The Refractory Nephrotic Syndrome Study Group: Mizoribine therapy combined with steroids and mizoribine blood concentration monitoring for idiopathic membranous nephropathy with steroid-resistant nephrotic syndrome. Clin Exp Nephrol, October 25 2016, DOI 10.1007/s10157-016-1340-2, 2016

  28) Kanae Yamamoto-Nonaka, Masato Koike, Katsuhiko Asanuma, Miyuki Takagi, Juan Alejandro Oliva Trejo, Takuto Seki, Teruo Hidaka, Koichiro Ichimura, Tatsuo Sakai, Norihiro Tada, Takashi Ueno, Yasuo Uchiyama, and Yasuhiko Tomino: Cathepsin D in Podocytes Is Important in the Pathogenesis of Proteinuria and CKD. J am Soc Nephrol 27: 2685-2700, 2016
 
  29) Yuzo Wantanabe, Tadao Akizawa, Akira Saito, Fumitake Gejyo, Masashi Suzuki,Yoshiki Nishizawa, Yasuhiko Tomino, Yoshiharu Tsubakihara, Takashi Akiba, Hideki Hirakata, Hideki Kawanishi, Masami Bessho, Yukio Udagawa, Kotonari Aoki, Yukari Uemura, Yasuo Ohashi, and the Co-JET Study Group: “Effect of Predialysis Recombinant Human Erythropoietin on Early Survival After hemodialysis Initiation in Patients With Chronic Kidney Disease: Co-JET Study”, Therapeutic Apheresis and Dialysis 2016, 1-10, DOI: 10.111/1744-9987.12425
 
  30) (座談会)富野康日己(司会)、川村哲也、安田隆、鈴木祐介、城謙輔:「CKD診療ガイドラインのIgA腎症診療へのインパクト」pp6-15、「Nephrology Frontier  -特集『慢性腎不全(CKD)としてのIgA腎症』-」Vol.15 No.3, 2016年9月
 
  31)  Mayumi Idei, Yoko Tabe, Chieko Hamada, Kazunori Miyake, Hiroyuki Takemura,Hiroaki Ito, Mitsuru Wakita, Takashi Horii, Yasuhiko Tomino, Akimichi Ohsaka,Takashi Miida
   “Pancreatic lipase activity in overnight effluent predicts high transport status in peritoneal dialysis patients”
     Clinica Chimica Acta 462 (2016)65-70. DOI: 10.1016/j.cca.2016.08.009
 
  32) Yoshio Shimizu, Takashi Kobayashi, Hitoshi Suzuki, Yusuke Suzuki, Satoshi Horikoshi and Yasuhiko Tomino
 “Chronological Change of the Serum IgA/C3 Ratio Indicates the Efficacy of Tonsillectomy for IgA Nephropathy”
  JBR Journal of Clinical Diagnosis and Research 2016, Volume 4 Issue 1, DOI: 10.4172/2376-03111,1000132
 
  33) Yasuhiko Tomino:
 “Case Studies on Kidney Diseases -20 Typical Cases-(2nd revised edition)”, Karger, 2017
 
  34)(Round Table Discussion)富野康日己(司会)、秋葉隆、木村健二郎、細谷龍男、柏原直樹:
「腎臓病学の課題と未来―Nephrology Frontier誌の足跡と貢献―」pp6-15、
特集「腎臓病学の課題と未来―Nephrology Frontier誌の足跡と貢献―」Nephrology Frontier Vol.15 No.4, 2016年12月
 
  35)関 卓人、富野康日己: 「42. 透析用潅流用剤」pp536‐538、「ポケット版 治療薬UP-TO-DATE(2017年版)」(監修 矢崎義雄)、メディカルレビュー社

  Get ADOBE READER PDFをご覧になるには,「Adobe Reader(無料)」が必要です。